レッスンシークエンスって?

2020年12月3日

こんにちは!IBUKIです⭐️

 

今日はキッズダンスレッスンで指導する際に

私たちが行っていることについて!

 

TO MY HEROのダンスレッスンは

ダンスの上達だけではなく、心の成長もゴールとしています。

 

ダンスのスキル、リズム感、筋力などの身体的な成長

自信、チャレンジ精神、相手を思いやる気持ちなどの心の成長

 

これらの両方が備わることで、

ダンスを通して自分の表現したいことを

しっかりと相手に伝えることができる

人を魅了するダンサーになることができ、

 

それはダンスとは関係ない場面でも

必要なチカラだと考えているからです。

 

子供たちのダンスも上達させながら、

心身共にしっかりと成長できるレッスンを提供するために

講師陣も日々

「表現とはなにか?」

「自分らしさとはなにか?」

「受講中の子供たちの気持ちはどんな感じ?」

を考えながら、指導力の向上に努めています。

 

今回はダンススクールでのキッズ指導で

のびのびと子供たちが成長できるように行っている

レッスンシークエンスの作り方について!

 

 

レッスン全体の流れをつくる

 

ダンスレッスンだけでなく、

単発のワークショップや研修でも同様ですが

私たちが一番大事にしていることは

受講してくれている子供たちが

ちゃんと成長できる時間をしっかりと作り込むこと。

 

レッスンを行う前に

心の面とダンスの面、両方にアプローチできるような

レッスンシークエンス (内容や順番)を組み立てます。

 

 

1. いま子供達にある課題や、達成したいことを明確にする

          ↓

2.    その日のレッスンのゴールを決める

          ↓

3.    ゴールを基に、子供たちが夢中になりながら

挑戦できるようなレッスンの内容、プログラムを決める

 

こんな感じで、大枠を決めて

レッスンを進めていきます。

もちろん、それでもレッスンやプログラムはナマモノ。

その時にならないと

何が起こるかはわかりません。

リアルタイムで子供たち1人1人の状態を

よく観察しながら、

シークエンスを調整して

レッスンを進めていきます。

 

 

当たり前なようで、

目的やゴールを明確にして

進めていくのはとても大切なこと。

 

少しでも受講者にとって

効果的で有意義な時間になるように、

今後もTO MY HEROは

指導力で負けない先生たち

背中で魅せられる大人

をテーマに進化し続けます。

 

また次の機会に、

ゴールを達成するための

細かい設計や、

実際に行っているプログラム内容なども

お話しできたら嬉しいです。

 

表現指導の講習会も行っているので

ダンス指導、表現指導に悩まれている

指導者の方がいらっしゃれば

お気軽にお問い合わせくださいね☺︎

 

◀︎

前の記事

次の記事

▶︎

お問い合わせ

プロジェクト内容のご相談やご質問。
まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT